シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

災害時には、あせらずSNSを使いましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも! シルバーウィークが終わってしまってかなしいです。空までもが泣いてます。サンティです。

先日、Facebookからめずらしい通知がきました。ちょうど1週間前、チリ沖で地震が起きた日のことです…

Facebookを見ていると、「○○さんがチリ地震で無事を報告しました」という通知がありました。その○○さんとはチリに住んでいる友達のことなんですが、普段はまったく連絡を取らないのに、急に連絡が来たことに驚きながら内容をみてみました。すると、なんでもFacebookの方から本人に安否確認がとどいて、その答えが友達全員に一斉送信されたみたいです。

こういう訳で、地球の裏側に住む知人の安否情報をあっという間に獲得することができたんですが、これすごいことだ思いませんか!? SNSの最大の強みである「つながり」が、災害時にとても役立つということを体感した気がします。

でも、僕は今までFacebookのこの機能ついて、聞いたことがありませんでした。みなさんの中でも、初めて聞いたという方も多いのではないでしょうか? ただ、こういうことは、災害が起きてしまってからその存在を知っては遅すぎます! 

ということで、SNSに関連した災害情報サービスを調べてみました。その内から独断と偏見で選んだ、100人中100人に知っておいてほしいサービスを3つ紹介します! これ、テストに出ますよ~。

1.災害時情報センター

hero_phone_1x-screen1-ja-2

災害時情報センターとは、冒頭で紹介したFacebook機能の正式名称です。2014年の10月より開始されたサービスで、災害発生時にFacebook上でつながっている友達の安否情報を確認できることが主な機能です。

このサービスは、普段からアクセスできるものというよりは、災害時に「発動」するタイプのものです。災害が起きると、その地域にいることが考えられるユーザに対して安否確認が送られます。そして、その情報がFacebookの友達全員に一斉送信されます。同時に、災害情報ページにアクセスすれば、一覧形式で、災害が起きた地域に住むFacebook上の友達全員の安否情報を確認することもできます。

詳しくは→ 災害時情報センター紹介ページ

2.Twitterアラート

twitter alert

名前からもわかる通り、Twitterが提供している災害時の情報サービスです。Twitterアラートの特徴は、信頼できる機関・団体(政府、地方行政機関、警察、etc..)のツイートのみを、プッシュ通知で知らせてくれるということです。情報が混乱する災害時には、とても重宝するツールになること間違いないですね。

ただ問題が一つあります。このサービス、アラートを受信したい機関をひとつひとつ、自分で設定しなければ使えないんです。かなりめんどくさいですね… ただ、災害時に正確な情報へのアクセスを持っているか、持っていないかは、生死を分けるほどの重要な差です。今のうちに設定をしておきましょう!

Twitterアラートに参加している機関・団体の一覧を載せておきます。ここから、それぞれのアラート受信設定ができます。

Twitterアラート参加機関・団体の一覧

受信設定の方法はこのブログが詳しいです。

Twitterで、公共機関の緊急時アラートを受信する方法

3.Google クライシスレスポンス

crisis map

直接的にはSNSサービスではありませんが、災害時に絶対知っておきたいのがGoogleクライシスレスポンスです。これはさすがのGoogleらしいサービスで、災害時に必要な情報やツールをほぼ網羅しています。人の安否情報が検索できるパーソンファインダーという機能だったり、防災マップなどといった機能があります。

なかでもすごいのが、災害情報マップです。Googleマップとリアルタイムの災害情報を連携させたような機能です。地震や津波、台風等の災害情報に限らず、警報が出ているエリア等を確認することができます。地図の形で確認できるので一目瞭然です!

ちなみにこのGoogleクライシスレスポンス、先日のブログで楠社長も紹介しています。とにかく、なにかとすごいサービスです。災害時には情報源として必ず確保しておきたいですね。

まとめ

以上、本当に災害が起きた時に「知らんかったわ~」の一言ではすまされないような、超有用なサービスを紹介してきました。知らなかったという人は、ぜひフリーザバッグに入れて頭の片隅に冷凍保存しておいてください。いつ必要になるか分かりません!!

中にはTwitterアラートのように、あらかじめ設定をしておかないと使えない機能もあるので、これを機にぜひ設定しておいてくださいね~。

以上、サンティのいきなり防災教室でした!

P.S.  最後に、「備えあれば憂いなし」を使って何かネタを言おうと思ったんですが、なにも思い浮かびません… 最近、ネタのストックが切れ気味です。備えがないと、本当に憂うもんなんですね~。

Featured image by mkhmarketing

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする