シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#125 時代は、ストックビジネスとフロービジネスの二刀流戦法だ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。最近流行りの、矛盾にまみれた人生を生きています。サンティです。

ハンフリーのやりたい放題Podcast、125回目の配信です。今回は大きく2つの話をします! 1つは、組織の規模が大きくなっていくにつれ、どうコミュニケーションをとっていけばいいのかというテーマ、もう1つは先週のストックビジネス話の続きとして、ストックビジネスとフロービジネスの相性がいかにいいかというテーマについてです。

組織が大きくなれば、コミュニケーションが疎かになる…

組織というのは大きくなれば大きくなるほど、まとまりがなくなっていきます。もちろん、何もしなければ(!)の話です。

楠さんは最近、このような危機感をよく感じると言います。特に、広島と島根にそれぞれ拠点を持ち、事業の数や従業員の数も増えてきているシーエルリンクにおいて、現実的にこの問題に直面していると言います。

ということでPodcastの前半部分では、このような状況でいかにコミュニケーションの量と質を保つことが大事かということを、楠さんがシーエルリンクで具体的に考えている解決策などに触れながら話します。

ストックビジネスとフロービジネスの二刀流戦法!

前回のPodcastにでてきたストックビジネスですが、ありがたいことに色々な方からの反応がありました。売上をいかに維持するかという課題は多くの方が持っているものなんだなと、楠さんは改めて感じたと言います。

ということで今回は、先週の話をさらに展開していきます! テーマは、ストックビジネスによる収入をベースに持っていることが、いかに大胆なフロービジネスの展開を可能にするかという話をします。

「フロービジネスってなんのこっちゃ? 」っと思っている方がいるかもしれませんが、フロービジネスはストックビジネスに対して、その都度の取引で収入をあげるスタイルのビジネスです。要は、継続的なサービス契約だとか会員契約ではなく、その都度その都度何かを売ることで収入をあげるビジネスです。典型的な例として、小売業なんかはほとんどがフロービジネスになりますよね。

今回は、フロービジネスの真逆に位置するストックビジネスをベースに展開していることが、実はフロービジネスを行うための土台になるのだという話をします。

詳しくはPodcastで!

Podcast再生

iTunesから再生

Featured foto by Agberto Guimaraes

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする