シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#099 Pokemon GOにまつわるちょっとコワイ話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。 今日は5匹捕まえましたよ。あれのことね、あれあれ。サンティです。

Pokemon GOの過熱について

Pokemon GOの話で持ちきりの今日この頃ですが、皆さんはダウンロードしていますか?

僕は…


ダウンロードしてしまいました…

こういう、娑婆の世界が飛びつくようなトレンドには絶対に飛びつかないことを自分の存在価値としている僕ですが、Pokemon GOはダウンロードしてしまったんです… それだけで僕の存在価値は激減なのに、さらには、まあまあハマってしまってます(笑)

サンティ・ブランドは、もはやフリーフォール状態です。唯一の救いとすれば、そもそもサンティ・ブランドなるもの自体が全く知られていないということぐらいでしょうか。

ま、そんな話はさておき、正直今のPokemon GOの過熱ぶりはかなりバブリーなところがあるでしょう。あと1ヶ月もすれば、実際にプレーしている人の数は激減するでしょう。そして、たぶん僕もその中の1人です。

今後、バーチャルとリアルの境界はなくなるのか?

そんなPokemon GOの話から発展して、今日はVR(バーチャル・リアリティ)の話で盛り上がりました! 初めは別のトピックについて話すつもりだったんですけどね…

Pokemon GOは典型的な現実とバーチャルが入り混じったゲームですが、リアル感という意味では、まだまだです。

ただ、その辺の技術はこれからどんどん発達していきますし、事実VRはこれから伸びるマーケットの一つとしてかなり注目されています。しばらく前のブログで宮さんがPlayStation VRについての記事を書きましたが、そんなアイテムが一般的になるのも時間の問題でしょう。

そうなった時に怖いのが、現実とバーチャルの境界線がどうなるのかという話。正直、技術が発展しすぎれば、一方では現実の中にバーチャルが溶け込み、もう一方ではバーチャルの中に現実が溶け込み、2つを区別することが不可能になる時代が来るんじゃないかと想像してしまいます。

こんなちょっぴり強い話を、将来ハンフリーのPodcastをVRビーチで収録することができる日もくるんじゃないのか、という夢のある話と交えながら繰り広げていきます!(笑)

Podcast再生

iTunesから再生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする