シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#084 海外進出の第1条件は、まず行こうとするか? しないか?ということ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

晴れ間からこんにちは! サンティです。

ハンフリーのやりたい放題Podcast、84回目の配信です。今日は、ハンフリーの進める「承継起業」プロジェクトと、海外に目を向けてビジネスをすることの必要性について話しあいます。

この2つの話には一見のなんのつながりもないように見えますが、ハンフリーとしては、この2つを同じ問題意識のものとで捉えて、事業に落とし込んでいきたいと考えています。

楠さんがFacebookにアップした記事

先日、楠さんがある記事をFacebookでシェアしました。その中で示されているデータが非常に衝撃的なものなので、Podcastでも紹介することにしました。

こちらがその記事です。中小企業 2030年に消滅? 社長の年齢、14年後80歳前後に

読んでいただければ分かるとおり、経営者の高齢化の問題は、未来のこととしてではなく、今起きている問題として扱う必要性があることは明らかです。「承継起業」はその一つの打開策ですが、それ以外にも様々なアイデアを出し合っていく必要があります。

アフリカ市場セミナーに参加して思ったこと

月曜日、楠さんは海外販路構築事業を手掛けるスパイダーイニシアティブの代表であり、「森辺一樹のグローバル・マーケティング」という題名のPodcastも配信しておられる、森辺一樹が主宰するセミナーに参加してきました。テーマは、「ビジネス新大陸『アフリカ』に針路を取れ! アフリカ市場セミナー 2016」です。

スピーカーとしては、森辺さんの他に、大学教授やアフリカの最前線で活躍するビジネスマンから、アフリカという市場の現状と可能性についてプレゼンがありました。

中でも楠さんが衝撃を受けたというのが、金城さんという楠さんの1つ年上の講演者の話です。この金城さん、アフリカで年に400億円を売り上げるモンスターです!!

これらの話を通して、楠さんは海外に常に目を向けていることの必要性を再発見し、「承継起業」にもそのような視点は取り入れていきたいと言います…

詳しくはPodcastで!

Podcast再生

iTunesから再生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする