シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔のSEIKOのCMが心に刺さる件。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今日は、朝から草むしりのしずぎで、指がつりそうなので、タイピングがうまくできません。助けてください。楠です。

先日のことですが、知人とお酒をのんでたんですが、例のごとく、マーケティングだのキャッチコピーだの、こころに刺さるCMだの、の話になったんですよ。

で、僕が押したのは、これ

ホンダのCMで、よくサッカー日本代表戦のときに流れるやつですね。

燃費だの、ハイブリッドだの、パワーだの言われるより、

ホンダのNSXが欲しくなったのは、僕だけでしょうか?(笑)

これは、ホンダがずっと無謀なことにチャレンジし続けてきてるって事を、すごくうまく表現したCMだと思うんですよ。

車好きの僕としては、最近チャレンジャラスな事ばかりしてる、僕としては、

無性にホンダを応援したくなるワケです(笑)

きのうまでの楠を超えたいわけです。

続きまして、その知人に教えて頂いた、オススメCM

SEIKOの1985年に一度だけ放映された、幻のCMみたいです。

「はじめまして」

この1秒ほどの言葉に一生のトキメキを感じることがある。

「ありがとう」

この1秒ほどの言葉に人のやさしさを知ることがある。

「がんばって」

この1秒ほどの言葉に勇気が蘇ってくることがある。

「おめでとう」

この1秒ほどの言葉に幸せにあふれることがある。

「ごめんなさい」

この1秒ほどの言葉に人の弱さを見ることがある。

「さようなら」

この1秒ほどの言葉が一生の別れになるときがある。

1秒に喜び、1秒に泣く。

一所懸命、1秒。

はいっ!じ〜んときましたね。そんでもって、SEIKOの時計が欲しくなりましたね(笑)

この、二つのCMに共通するのは、商品の性能が最高ですよ〜とか、スペックがどうのこうのですよ〜とか、全く言ってないんですよね。

むしろ、商品のことなんて一切言ってません。

それでも、僕らがホンダの車が欲しくなったり、SEIKOの時計をちょっと調べてみようかなとか思うのは、みんながそういった商品やサービスの良し悪しだけで、モノやサービスを買う時代じゃ無くなってきてるんでしょうね。

こういう考えかたで、今後のマーケティングを進めていきたいと思うのであります。

PS. こんなに心地良い疲労感は久々です。草むしり最高〜(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする