シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンチーのノマドワーキング体験記

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。1年に2〜3回ほど、サンチーに変身します。サンティです。

2人の違い? サンティに比べてサンチーの方は、初対面の人に対してやけに二度見をしてきます。あとは全部一緒です。初心者にはたぶん、どっちがどっちか見分けをつけるのは難しいでしょう。

さて、そんな話は脇におき、僕は今日とある用事で神戸に来ています。神戸に来た理由というのは、後日また説明する機会があると思うので、そこは無視をして別の話をしたいと思います。

今日は、オフィスでもない、自宅でもない、まったく未知の世界にいながらも、ハンフリーの仕事を果敢(!?)に行い続ける、そんな僕の冒険の模様をお伝えしたいと思います。

分かりやすく言い換えれば、ノマドワーカーというの響きがカッコイイので、せっかくだからそのつもりになって仕事をしてみましたという話です(笑)

ノマドワーカーとは?

皆さんももうご存知だとは思いますが、念のためおさらいをしておきましょう。

《ノマドは遊牧民の意》自宅や会社のオフィスではなく、喫茶店やファーストフード店などでノートパソコンやタブレット型端末などを使って仕事をする人。ノマド族。

出典:コトバンク

要は、自宅や会社を出て、Wi-Fi無料×長居大歓迎なお店を探し求めて歩き回る、移動型ワーカーのことです。

サンティのノマドな1日

5865830041_b7fce0631d_bImage by James Byrum

高速バスで移動

さて、僕のノマドな1日は、広島は新白島駅近くのバス停で始まりました。近くのコンビニで買ったコーヒをすすりながら、三宮行きの高速バスを待っています。

なぜバスのなのか? といえば、バスだと新幹線の半分の値段で行けるからです。この辺は、家を一歩外に出たら、ある意味全てがオフィスであるノマドワーカーにとっては、オフィスで使用する経費をいかに減らすのかという問題に関わってくるので、重要な部分です。

というのも、たとえそれが移動途中であっても、座ってパソコンを開けるだけのスペースがあれば、それはもうオフィスなんです。固定観念にガチガチに縛られた周りの人間がどう考えおうと、ノマドにとっては立派なオフィスなんです。

だから、新幹線に乗って仕事をしてしまった場合は、高速バスで仕事をした場合に比べて、オフィス経費が2倍になってしまうわけです。もちろん、移動という観点から見れば、少し高くても新幹線の方が圧倒的に早いので、決して損はないのかもしれません。ただ、そんなことはどうでもよくて、問題は「仕事場」としてコストパフォーマンスが高いかどうかだけです。

ノマドシンキングに徹したい僕からすれば、ここだけは譲れない! と自分に言い聞かせていると、バスがやってきました。

IMG_2338

今回お世話になるのは広交バスさんです。広島から神戸三宮までの走行時間は4時間。たっぷりの時間がありますね。これはもしや…

IMG_2336

そう! 今日初めてのノマドチャンスが巡ってきました!! 4時間も一つの場所に座っているというのは、ノマドにとってはもはやスキありまくりです。初心者の僕にとっては、いいスタートですね。

神戸に到着からのランチスポット探し

パソコンをカタカタやること数時間、仕事をしているせいか時間はあっという間に過ぎていきます。「そろそろ腰が痛くて集中できんくなってきたわ〜!」とぼやこうと思った瞬間、バスは目的地に到着しました。

IMG_2342

今日の僕のノマドデスティネーション、神戸です! 時刻は午後1時ごろ。おしゃれなパン屋やカフェが、いかにもたくさん並んでいそうなこの地で遊牧できると思うとワクワクして来た僕でしたが…

IMG_2367

「はて、どこに行こうか…?」

初めてのノマドな1日を、これまたほとんど初めての場所で過ごすという、無謀な決断をしてしまった僕は、早速途方に暮れてしまいます。ノマドシンキングがまだまだ未熟な証拠ですね。

ここは一旦冷静な心を取り戻して、生まれた時から密かに僕の内に眠っているノマドを覚醒させることに集中しました。そう、ノマドはあなたのすぐ近くにいる。人がそれに気づかないのは、まだ見る目を持っていないからだけ。

期待通り、僕の中のノマドは起きてくれて、「カフェを探しなよ」と教えてくれました。ということで歩き始めた僕は、早速スターバックスを見つけてしまいます。スターバックスといえば、もはやノマドワーカーの聖地のようなもの! 周りの見識のピントがずれるくらいにスターバックスをロックオンした僕は、そこに飛び入ろうとしたその瞬間…

「待て!」

と心の中のノマドが叫びました。コーヒーの香りですっかり目が覚めたのか、彼は早口で僕に語りかけ始めました。

お前、スタバでランチを食べようとしただろ。ノマドシンキングにおいては、オフィス代をいかに抑えるかというのが全てなんだ! だから、Wi-Fiがあって好きな時間だけ居座ることができるスタバが重宝されるわけだが、それはこっちの投資額が少ないという前提でのことだ。それが他と比べてちょっとお高いスタバのランチを買ってしまったら、本末転倒もいいところじゃないか。いいか、スタバで頼んでいいのはドリンクのトールまでだけだ!!

この全力をかけた説得を聞いた僕は、ハッと我に帰りました。そして、ノマドシンキングを全く理解していない自分をたしなめながら、周りを見渡しました。そしたら、餃子の王将が目に入ってきたじゃないですか!

餃子の王将でランチをとったら、オフィス代を大幅に削減することができます。それはなぜかといえば、ランチ代が安いという以前に、餃子の王将はそもそも、ノマドにとってはオフィスとなりえない場所だからです。

だって、コンセントなんて一つもないし、Wi-Fiも飛んでないし、そして何より台風のごとく凄まじい回転率だし… お客さんが激しく入れ替わる王将で、堂々とパソコンを取り出している人がいたら、それはもはやワールドチャンピオン級の図太さです!

ということで、家を一歩外に出たら全てが戦場(オフィス)だというノマドにとっても、王将のようなオアシスのような場所があるわけです。もちろん、王将で使用したお金は1円たりとも経費としてカウントされないというのが、ノマド界での暗黙のルールです。

さて長くなりましたが、最終的には無事ランチを食べ終え、聖地スターバックスで優雅なノマドスタイルを満喫した僕でした。

IMG_2366

ただ、1つだけ気づいたことがあります。

スターバックスって、意外にコンセント少なくないすか??

まとめ

以上、ここまで読んでくださった方は、僕のノマドな1日が、冒険と呼ぶにはほど遠い、大して動きのない1日だったということに気づかれたかと思います。バスに乗って仕事をして、ランチを食べて、スタバで仕事をしたってだけですからね(笑)

今日の一番の気づきはといえば、今までコンセントがあるかないかを基準にお店を見たことがなかったので、スタバに意外とコンセントが少ないことに驚いたことです。ただ、他のスタバをチェックしているわけではないので、もしかしたら、たまたま僕の言ったお店が少なかっただけなのかもしれません。

今度からは、いく店々のコンセント事情を調査したいという目標を強く胸に抱くようになりました。

P.S. 明日のPodcast、お楽しみに…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする