シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脳の中をデータ化し活用する大切さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どうも!日曜日のブログ、宮です!

先日改めて気づいたことがありました。

それはその日にあった出来事や知識を社内で活用できているかってことです。

脳の中をデータベースにできてますか?

会社の社長であったりとか経営陣であると、活動は社内だけでなく社外の活動も多いはず。

たまには、会社の事業とは直接関係のないセミナーに出たりとか異業種の方々とお話しする機会も増えてくるはず。

先日、僕もマレーシアへの輸出セミナーに参加してきたんですが現段階でハンフリーでもシーエルリンクでもマレーシア進出という話は一切ございません。

ただ!他国への輸出入や今後マレーシアに出るという事が十分にあるので行ってきたわけです。

この会の時もそうなんですが、セミナーが終わり、懇親会、2次会、3次会と流れて行くんですが大体深夜までのところで話はマレーシア以外に飛び火し1変2変していくんです。

気づいたら全く違う話になっていたり、途中から違うメンバーが合流したりで新たな出会いもあって、セミナーに行く前はマレーシアのことだけを学びに行ったのに全く関係のないところでビジネスマッチングが生まれたりすることもあるんですね。

このように日々たくさんの人と会って話をすると1夜で一気に知識量が増え、異業種の課題であったりを聞いていたりするんです。

大体これは社内には持ち帰りませんね。自社と関係ない知識や人脈はその個人の脳の中に眠ってしまい、さらには大半は忘れ去られていくことになります。

これは非常にもったいなくないですか?

せっかくお金を使ってノミニケーションを図って得た知識は個人の記憶の中に眠ったまま。

もしかしたら、社内で似たような課題に当たっているかもしれない。

そんな時、対応マニュアル的な事例がたくさん蓄積してあるデータベースがあれば会社の成長も格段に上がると思うんです。

実は最近ハンフリー案件でもこの手の類があったんです。

先々週ご紹介した「企業誘致の神」福間さんからも人脈と知識を整理したいと言われ、僕はデータベースにしたらどうかと提案したことがありました。

その件と今回の気づきが重なりピンときたんです。

結局膨大な量のデータを蓄積し活用できているのが大手企業。

つまりその究極系がこの前ローソンのマーケティング紹介したような

ビッグデータの活用になってくるんでしょうね。

改めて中小企業でもできるミドルデータの蓄積と活用の大切さに気づきました。

じゃあ、具体的にどうすればいいのか。

宮の提案

ここからは、かなり主観が入りますのでご自分に合った方法でやるのがいいと思いますが1例として。

僕はセミナーや商談、打ち合わせで取るメモは手帳や紙、配布資料に書くとほとんど後でゆっくり読み返すこともないし資料は整理できません。

いざ、情報を出したい時に「探す」という手間がかなり邪魔をします。

そこで僕がいつもやっているのは

全てパソコンでメモを取ることです。

単にパソコンでメモを取ると言っても整理できなきゃ意味がありません。

オススメアプリ

エバーノートの活用です。

エバーノートとは簡単に言うと「大学ノート」をデジタル化したようなアプリです。

かなり有名なアプリなので知っている方、使用している方は多いかもしれませんが一応リンクを貼っておきますね。

4643501047_df38901ded_o

image byBernard Goldbach

5119405646_472179ff70_z

image byTAKA@P.P.R.S

エバーノートの詳細

メモアプリとしてはビジネスに特化しているので非常に使い易いしクラウドなのでスマートフォンとの連携もバッチリです。

スマートフォンからでも使い易いです。

ちなみに僕のインターフェースはこんな感じです。

IMG_7044

この画面はそれぞれのカテゴリーのタイトルです。この場合19冊の大学が並んでると思ってください。

そして見たいカテゴリーを選択すると

IMG_7045

1ページづつ読み返すことが容易です。「あの時あの人どう言ってたんだっけ?」とかよく読み返すことがあります。

余談ですがエバーノートも日々進化していて最近自分のメモの下に「コンテキスト」というものが表示されるようになりました。

これがまたすごい!

そのページのメモの内容に関連する日経ビジネスの記事や過去のメモを自動的にピックアップし表示されるんです。

下の写真がそのコンテキストです。

IMG_7046

まとめ

僕はたまたま何年も前からエバーノートを使用していたため、割と自分の脳のデータベース化は入りやすいですが、僕も今まで飲み会の場の予備知識まではメモしていなかったのでこれからコツコツと蓄積していこうと思います。

ちなみにiphoneとMacを使っている方はアップル純正のメモアプリも割と使い易いですよ。

キーワードはいかにシンプルにスマートフォンと連携できるかです。

PS:アップル純正のスケジュールも非常に使い易いです。これもまたPCとスマートフォンの連携がバッチリで僕もスケジュール管理はこれが100%なので手帳入らずになりました。

Apple Watchがあればスケジュールはもっと把握しやすいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする