シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

起業に、向き不向きなんてないんじゃないだろうか!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。37.5℃。昨夜、僕はこの数字を見て悟りました。僕の10年間熱を出していない伝説が、終わりを迎えたことを… また1つ、自慢話が消えてしまったサンティです。

そんな今日は、熱はもう下がったんですが、頭がどこかぼーっとしています。で、ぼーっと(仕事を)していたら、こんな考えが頭をよぎりました。

起業には、向きも不向きもない

どこからか声が聞こえてきます…

10280360126_c343a89c8e_zImage by Any Fuchok

通りすがりの道化師:「いやいや、そうは言ってもサンティ君、起業なんて誰でもできることじゃないっしょ。」

IMG_2309

サンティ:「いや、僕は別に誰でも起業ができるって言っているわけじゃないですよ。ただ、起業ができるできないっていうのは、向いてるか向いていないかということよりも、起業をしたいだけの理由があるかないかの問題だと思うんですよ。」

通りすがりの道化師:「な、なんだと?? それじゃあ、おいらにだってちゃんと起業したい理由があれば、起業してやっていけると、サンティは本気で思っているのか?」

サンティ:「僕はそう信じていますよ!」

通りすがりの読者:「……」

サンティ:「……」

10280360126_c343a89c8e_z

通りすがりの読者:「好きだ! サンティ…」

IMG_2311

サンティ:「実は僕も、15秒前にあなたに会った時から、ずっと気になっていました…」

こうして2人は、共に人生という名の広大な海原へと旅立ったわけですが、まあ僕が言いたいのはそういうことです。あ、上手くやれば数十秒で恋が芽生えるということではなくて、起業には向き不向きがないってことですよ!

僕もちょっと前までは、起業なんてできるのは一握りの人たちだけで、自分には完全に不向きだと考えていました。でも、ハンフリーの立ち上げに初めから立会い、色々な経営者の方にお会いしていく中で、少しづつ考え方が変わってきました。

具体的にどう変わったかというと、まず、自分でビジネスをやるということが遠い世界の出来事のようには感じなくなりました。ハンフリーでは、もちろん僕はリスクを負っていない1社員なので、純粋な意味での起業経験ではないですが、何もないところからビジネスを始めるという経験をしてきましたし、今もしています。で、ハンフリーという会社の性格上、いろいろな起業家や経営者に会って、その姿を見る機会もたくさんあります。

また、起業して会社を経営するということが、別に超人技ではないということにも気づきました。「経営」と聞くと、組織運営から財務、取引交渉、顧客開拓、その他色々なことをやらなければならない印象を受けるので、常人にはできないものだと思ってしまいます。でも現実は、経営者が全ての領域をマスターしている必要はなくて、そこはチームワークと外部からのサポートでいくらでもカバーできるんだということを理解しました。

結局は、起業したいだけの理由があるかどうかが一番重要

でも、起業なんかできっこないと思っている人は、僕をはじめとして世の中にはたくさんいると思います。それって結局は、「分からない」ことと「できない」ことを混同をしているんだと思います。

そりゃ、今まで経営を経験したことのない人が、具体的に経営をすることがどんなことなのかを知ってるわけはありません。どんなに成功している経営者も、きっとは初めはみんなそうだったはずです。分からないのは当たり前で、それは「向いてない」とか「できない」とかとは関係のない話のです。

そこで、質問を「起業をしたいだけの理由があるか? ないか?」という風に変えると、少し見え方が変わってきます。

もし起業をするだけの理由があるのなら、それを実現するために必要なステップを考えて、それを実行に移すだけです。確かに初めは何から始めればいいかもわからないかもしれません、それなら、誰かに助けを求めればいいだけです。ちゃんとした理由があるならば、たかが「分からない」という理由だけで諦めるのは、アホらしいことに思えてくるはずです。

逆に、もし起業するだけの理由がないのなら、すでに存在している組織の中で自分の目的が達成できると思うのなら、その道を極めればいいと思います。

このように、自分には何ができるのか/できないのかという能力ベースではなくて、自分は何がしたいのか/したくないのかという目的ベースで考えると、周りの景色がもっとはっきりしてきますし、起業が誰にとっても1つのオプションだということが見えてくるはずです。

まとめ

なぜこんな話をしようと思ったかというと、昔の自分のことを思い出していて、すごくもったいない考え方だな〜と感じたからです。

僕は、自分が本当のところ何がしたいのかを考えたこともないくせに、自分にビジネスなんてできっこないと思い込んでいました。この考え方って、どう見ても順番逆ですよね!? まずは「何がしたいか」なのであって、「できるできない」はその後に来るべき話だぞ、サンティよ!

もしどこかに、昔の僕のように考えている人がいたら、ぜひ一度自問してみることをオススメします。もしかした、あなたは最高の経営者になれるかもしれませんからね!!

P.S. こんな話をしているからには、こいつ起業でも考えてるのかな!? っと思われるかもしれませんが、今の所、僕には起業をしたいだけの理由(目的)はありません!!

Featured image by Sjoerd Wijn

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする