シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は、エジソンのこの名言に衝撃を受けた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。サンチーです。

今日は、エジソンの話をします。

5565714384_6b1ced6f93_bImage by cea +

え? エジソンって??

ほら、あのエジソン。

このエジソン?

5565714066_d009b00d25_oImage by cea +

そう、そのエジソン。

いきなりどうしたん!?

ごめんなさい(笑)ちょっと関係ないかなと思いつつも、このブログで紹介したくなるほどに衝撃を受けたんです。エジソンの名言に。


エジソン+名言っていうとたぶん思い浮かぶのはこれじゃないですか。

Genius is 1 percent inspiration and 99 percent perspiration.
天才とは1%のひらめきと99%の努力である。

超有名ですよね。僕も、エジソンの名言というとこれしか知りませんでした。

でも、先日ビル・ゲイツ本人がやっているブログ、”gatesnotes“でエネルギーの未来に関する記事を読んでいたら、その中で今まで読んだことも聞いたこともなかったエジソンの名言が出てきたんです。

それがこれです!

I have not failed 10,000 times. I’ve successfully found 10,000 ways that will not work.

私は1万回失敗していない。うまく行かない方法を、1万通り見つけるのに成功したのだ。(サンティ訳)

この名言が出てくるビル・ゲイツのブログ記事はこちら

ちなみに、後でこの名言についてネットで調べてみたら、若干表現の違うものが出てきました↓

I have not failed. I’ve just found 10,000 ways that won’t work.

私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。

出典:名言+Quotes

色々なサイトを見てみましたが、どこも↑と同じ文だったので、たぶんビル・ゲイツはちょっと脚色を加えたんだと思います。ただ意味は変わってないので、特に問題はないと思いますし、なんなら、僕はビル・ゲイツのバージョンの方が好きですね。より伝わります!

なぜこの名言に衝撃を受けたかというと…

別にメッセージは何も新しくないと思うんですよ。結局言ってることは、「失敗は成功のもと」ということですから。この手の名言は巷に溢れています。名言でもよく取り上げらるテーマでしょう。

僕が衝撃を受けたのはそこじゃなくて、このメッセージを語る目線」なんですよ! 言い換えれば、表現方法です。

繰り返しになりますが、この手のメッセージは、誰もが聞いたことがあるじゃないですか。失敗がネガティブなものではないと、誰もが頭では理解していると思います。

ただ、それを実践するとなると話は変わってくるんですよね。やっぱり失敗は避けられるなら避けたいし、起きると不愉快だし。結局は、どこかで失敗はネガティブなものだと、まだ思っているんですよ。

でも、エジソンのこの語り口からは、まったく違う態度が見えてきます。とにかくポジティブさしか伝わりません。キング・オブ・ザ・ポジティブです! ウザいくらいポジティブです!(笑)

だって俗に「失敗」と呼ばれているものを、彼は「うまく行かない方法を見つけることに成功した」と呼んでいますからね。もはや、失敗なんかしてないんです。そう、エジソンの頭の辞書には「失敗」という言葉がないんです。

僕はこの名言を読んで、そんなこと考えました。そして、思ったんです。

「失敗」という言葉にはネガティブなイメージが付きまとい過ぎてると。

どんなに頑張って解釈を変えても、「失敗」という言葉からネガティブなイメージを取り去ることはできないと思います。最大限ポジティブに考えても、失敗は成功するための「必要悪」と解釈するのが限界でしょう。失敗という言葉には、それほど強いネガティブなイメージが付きまとっていると思うんです。

だから、僕は今度から「失敗」という言葉を使わないことに決めました。ついでに、その概念も頭から消そうと思います。簡単にできることではないでしょうけども。

そして、今度から僕は「失敗」を、エジソンのいうように「うまく行かないことを見つけることに成功した」という概念に置き換えます。そう、これから先、僕には成功の道しかありません。何をやっても、成功するわけですから。

P.S. とりあえずは、「失敗」という概念を忘れ去るのにうまく行かない方法を、山ほど見つけることに成功したいと思います!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする