シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

判断と切り替えがおそい。そんな僕はどうするべきか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。実は、明日から楠さんが再びスリランカへ飛び立ちます。今度こそは象に乗ってくれるんですかね〜。サンティです。

今日はちょっとお悩み相談的なことを書きます。

前から自覚していたことではあるんですが、ハンフリーで働くことで、改めて実感したことがあります。

それは、僕が判断も切り替えも遅いということです。そうなんです、うさぎと亀の物語で例えると、僕は「よーい、ドン!」の合図を出す人(動物?)です…

っとそんなことはどうでもよくて、僕は昔から「石橋はたたいて渡る」という表現がよく当てはまる人物で、何事もしっかりと確かめてから先に進めたいタイプです。

ところで、このハンフリーで僕が誰と働いているかといったら…「見切り発車」を極めてこの道10年、せっかちの日本フル代表経験者でもあるMr. 楠じゃないですか!!(決してバカにしているわけではありませんよ! 僕にはない素質として、素直にリスペクトしています。)

なので、楠木さんと働いていると、自分の判断スピードがいかに遅いか、また状況が変わった時の対応スピードがいかに遅いかということがヒシヒシと伝わってくるんです。

何が悩みかというと…

僕は、このことに対して、どうすればいいか少し悩んでいます。悩んでいると言っても、今この瞬間に問題があってそれを解決したいというよりは、将来的に起こりうる問題に対する悩みといった方が正しいかと思います。

結局何が言いたいかというと、僕は判断や切り替えが遅いという自分の弱みを克服するべきか、あるいはその弱みは弱みとしてある程度あきらめて、強みを伸ばすことに集中するべきか悩んでいます。もうちょっと説明させてください。

「遅い」という弱点を克服した方がいいと思う理由は、ビジネスではスピードがものすごく大事な要素だと思うからです。これはハンフリーに入ってから学んだことではあるんですが、やっぱりビジネスでそれなりに成功している人たちというのは、思い立ったら行動する、何かがダメになったら切り替える、ということを繰り返しやっている人たちだという印象があります。

特に今は、インターネットの普及で世界中の人々が同じ土俵に立つ時代ですから、スピード感というのはやっぱり重要になってくると思うんです。なので、あらゆることを確かめてから先に進みたいタイプの僕は、こういう時代には不利なんじゃないかと思うわけです。これが変わった方がいいと思う理由です。

一方で、そこはあまり深く受け止めずに、自分の強みを伸ばすことに重点を置いた方がいいんじゃないかと思う自分もいます。こう考える理由には、今自分がいる組織(ハンフリー)では、自分の性格というか、考え方というかがうまくマッチしている(気がする)、ということも影響しています。

判断や切り替えが遅いというのは、裏を返せば物事に「慎重」だということですし、周りの人の「流れ」に流されずに自分の頭でしっかり考えることは得意な方だと思っています。まあ、ピストルでドン!ってやる人ですからね、周りに流されたら話になりません(笑)

僕のこのような強みは、今の環境にはうまくフィットしている気がするんです。先にも言ったように、楠さんはどちらかというとスパッと物事を決めてしまうタイプなので、僕も同じように考えて行動してしまうと逆に危険だと思いますし、そこは、真逆の考え方を持っている方が有益な意見を出せるんじゃないかと考えるわけです。

皆さんはどう思いますか?

結局突き詰めていくと、「読みを克服するか? 強みを伸ばすか?」という答えのよくわからない質問に行きついてしまいます。

僕は基本的には、強みを伸ばす方がいいと考えています。自分の弱みを努力して人並みにするよりも、自分の強みを本気で伸ばした方がコストパフォーマンスが高いと思うからです。

でも今の時代、判断や決断が遅いという弱点を持つのは、さすがに致命傷な気がします。だから悩んでいるわけです…

皆さんはどう思いますか…?

P.S. 今夜はバルサがチャンピオンズリーグに帰ってきます!! 以外とサッカーのことしか考えていない僕は、がっつり早寝をする予定です。

Featured image by Nancy <I’m gonna SNAP!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする