シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「それゆけ! たくべい日記」〜黒い新幹線の巻〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちはー! たくべえです。

出た!!まさかとは思ったけど、出たよ!↓

黒い新幹線、4月29日運行開始 世界最速の芸術鑑賞、乗車は2通り

いやいや、かっこいいじゃないか!

毎度、新しい新幹線のデザインに、よくもまあこんなかっこいいものを作れるなと、関心を寄せていましたが、遂に出ました!

黒い新幹線!

実は僕、根っからの黒好きで、黒ければ何でもかっこいいと思っています。 部屋の中も黒一色ではないですけど、できるだけ、暗めの茶色か、深い紺色か、黒を選びます・・・

そう、その通り。よく趣味悪いと言われます。でも、好みだから…

先日エヴァンゲリオンの新幹線を見ましたが、正直かっこいいと思いました。でも、一番かっこいいのは黒だろうと、内心思っていましたが、

まあ、それはないな・・・

ないよね・・・

ない・・・

あった!!

Image6-7229-20160105-R19_1

鉄道に関して詳しいわけではありません。新幹線について人より知識もありません。 でも、嬉しい! しかも、13号車にはカフェだってさ! コーヒー好きではないけど、なんか、やっぱり乗ってみたいですね。

そして、何より、僕はアメコミのヒーローが大好きなんです。大きな使命を背負って、人類を救うのが大好きなんです。 中でも、乗り物とか出てくると1度は乗ってみたいと思っていました。

何年か前に映画化されたトランスフォーマーも好きで、新幹線がロボットに変身したらめっちゃかっこいいだろうなあと思います。黒い新幹線がトランスフォーマーみたいに変身したのを想像してみてください。

でかい、速い、悪い!

おそらく男の子は、みんな萌えるwwwww 世界に誇るMade in Japanの新幹線が、地球侵略を企てる敵に立ち向かうなんて、かっこいいにもほどがある。

前置きが長くなりましたが、今日は新幹線について書きます。

Image6-5250-20130710

現在、横浜に出張中。朝5時に家を出て、10時過ぎには新横浜につきます。 帰りの予定は、最終20時過ぎの新幹線に乗ります。日帰りです。

800km離れたところに日帰りで10時間滞在できますから! 飛行機ならともかく、電気で走る車両、いわゆる電車ですよ! (あいにく、我が家は空港から離れているので、飛行機という選択肢はあまりありません。) これはすごいことですよね。

しかも、東海道新幹線だけで、2009年には上下合わせて1日最高390本まで増えたようです。 18時間運行するとして、2.7分に1本の計算になります。なんなんだ! ちゃんと計算すると、もっと短いスパンで発車していると思いますが、なんせ、すごい。

ちなみに、N700系には、1323名分の座席があります。仮に、広島—東京間を満席で乗った場合、ざっくり片道2万円として、2,650万。 1日広島〜東京は約50本あるので、13億2500万・・・×365日=4,830億!!!!! 年間、広島—東京が満員で運行すれば、約5,000億の売り上げですね。うーんと、これが、北陸、上越、東北、九州、北海道となると・・・もう、やめた。

とある海外の方を日本にお連れした際、新幹線に驚いていました。長旅で疲れただろうから寝ればいいのに、寝るどころか、興奮して質問攻めに合いました。 確かに、そんなもん、海外でそうそう見れないですよね。

そこで、調べてみますと、新幹線には、あの戦艦大和の技術が使われています。厳密に言うと、

「カタパルト・・・機を艦上から発射する為の火薬発射式カタパルト。このカタパルトは国産で、高性能を誇り、海軍で最も成功したタイプ。この技術は後に新幹線の台車部分に応用され、高速走行時の揺れを和らげる走りを生み出した。」

http://www.hime66.com/senkan/senkan.htmlより引用

すごいですよね。でも、新幹線の開通までにいろいろと大変な苦労もあったようです。

「東京と大阪のほぼ中間」という静岡県湖西市の下り新幹線の線路脇に工事中に犠牲者となった国鉄職員や作業員らを祭る「東海道新幹線殉職者慰霊碑」があり、碑の裏に210人の名前が刻まれているという。」

http://blogs.yahoo.co.jp/moritakeue/12056746.htmlより引用

犠牲者の210人には、もちろん家族もいただろうし、夢もあったと思う。やり残したこともたくさんあったと思いますが、現在、こういう人々の犠牲の上に、たかだか数万円で、日帰り出張できることを思うと、尊敬と感謝の気持ちが湧いてきます。

白い新幹線より、黒いのがかっこいいとか言ってること自体、馬鹿らしく思えてきました…

あれ、なんの話だっけ?

いずれにしても、今ある環境にただただ甘んじるのではなく、先輩たちに負けないように未来の発展のために、挑戦していきたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする