シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワタクシ、MacBook Air ヲ買イマシタ!! サンティのMac購入録

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。今日のお昼、とあるファミレスに行ったら、なぜか店員さんに「ようこそ日本へ!」と元気よく言われました。ファミレスでお国にウェルカムされるのは、これが人生最初で最後だろう、そんな感慨深い気持ちにふけってしまったサンティです。

さて、題名にもある通り、僕もついに Mac製品を買ってしまいました!

思えば、5月にハンフリーに入社してから、僕はApple製品に囲まれたワークライフをしてきたわけです。もともと自分用に持っていたiPhoneに加え、オフィスのiMac、社長のMacBook、そして最近はiPad Proまで買ってしまう始末。今更何を言おう、楠さんはかなりのApple信者なんです。

しかしそんな環境にはもちろん流されず、ちゃんとした理由を持って今回の購入をしたつもりです。その理由はというと、1.洗脳されたから、2.人前でリンゴマークを見せびらしたかったから、3.インターネットが早そうだから、といったあたりが決定的でしたね〜。

あと、これはあまり重要ではありませんが、職場でMacを使っている関係上、リモートで仕事をする時にMacがないと困るという理由も少し影響してますかね。(もちろん、これが一番大きな理由です)

ただここだけの話、実を言うと購入したのは1週間以上前なんです! 本当はもっと早くブログに書こうと思っていたんですが、ある不祥事がありまして… ちょっと時間がかかってしまいました。しかし、その不祥事を含め、僕は今回の購入でAppleという会社がいかにスゲー会社かを実感しました。

ということで、今回のブログではMacの使用感云々という話よりも、購入する体験がどうだったかという、Appleのサービスの方に焦点を当ててブログを書きたいと思います。

サンティのMac購入録

11837329285_6dd7e5e18c_kImage by Kārlis Dambrāns

今回購入したMacについて

今回購入したのは、2015年モデルの11インチMacBook air です。スペック説明は面倒くさいので省略しますが、簡単に言えば一番下位のスペックです。まあ僕みたいな若造にとっては十分ですね。

ところで、Macの何が問題かというと、とにかく高いじゃないですか。何たって、Macの一番安いモデルとほぼ同じ金額で、スペイン行きのチケットが買えちゃったりするわけですから。パソコン買う代わりに、真っ青な空の下サグラダ・ファミリアを見ながらコーヒーをすすることができるんですから、そりゃちょっと思いとどまってしまいますよね〜。

そんなMacを買おうかスペインに行こうか迷っている方にオススメしたいのが、今回僕も使った、Apple認定の整備済製品ページです。「整備済製品」が何かを大雑把に言うと、ワケあり機器をApple自身が新品同様に整備し直してから売りに出している製品のことです。詳しく知りたい方はこのブログを読んでみてください。

この整備済品はとにかく安いです!! 実質は新品同様に直されていても、元ワケありということで、数万円程度安くなっていたりします。ちなみに僕は、新品より約2万も安く購入しました!

購入の体験

今回の購入はオンラインApple Storeでしました。購入に際してすごく良かったと思った点は、次の二つです。

1.2年まで無金利のローンで分割払いができる

これはオンラインでの購入に限ったことではありませんが、すごく決め手になった点です。僕みたいな仕事を始めたばかりの人や学生とかにとってみれば、これがあるかないかで購入の是非は変わってくると思います。

2.購入直前ページで、サポートスタッフとチャットが出来る

これも、すごく助かりましたね。僕は購入前に確認したかったことがあったので、購入ページの左のほうにあるチャットスペースに文字を書き込むと、1分以内に返信がありました。ものすごいスピード感です! 結果、数分以内に僕の疑問は解消されました。

ここまでのサービスを提供されると、店頭で買い物をするのとほぼ変わらない感覚です。ちょっと疑問があったので店員さんに聞いてみる的な。これをネットで実現するんですから、Apple恐るべしですね。

Mac到着! からの思わぬ悲劇

さて、待ちに待ったMacBook Air君は、ローンの申請が許可された次の日に届きました。

IMG_2138

こんな感じで包装されて届いたんですが、とにかく「箱入りでもこれだけ軽いのか!」と連呼しましたね。社長のMacBook Airをたまに使用するので、軽いことはすでに知っています。

箱を開けてみると…

IMG_2139

Appleらしい真っ白なパッケージが姿を表しました! ちなみに僕は、「箱の中にまた箱ときたにもかかわらず、この驚愕の軽さ!!」と連呼しています。軽いことはだいぶ前からよ〜く知っています。

パッケージを開けてみると…

IMG_2140

ついに本体が姿を表しました!! この時点で僕が「軽い!」という単語を発するスピードは、180bpmを超えています。もはや手にも持っていません。

ということで、僕の快適なMacBook Airライフは始まる…… はずでした…

でも、人生ってそんなに甘くないものなんですね。使い始めてたったの3日でまさかの事態が起こりました。

それは、初期不良。

もう目を疑いましたよ。しかも、その初期不良がものすごいヤバそうなやつで、始めに画面に白線がポツポツと入り始め、その後、グラデーションのように画面が真っ白になったり真っ黒になったりして、最終的に固まるという意味不明なものでした。

最初にも言ったとおり僕は整備品を買っていたので、それが問題なのかととっさに考えました。もしかしたら、整備品にはこういうトラブルがよくあるのかなと。でも、あらかじめネット行った事前調査ではそのような話は全くなかったので、実際どうなのか分かりません。もしかしたら、単純に運が悪かっただけなのかもしれません。

電光石火の復活

何はともあれ、整備品にも新品同様1年間の保証が付いているので、早速サポートセンターに電話することにしました。ここからの対応は神でしたね。

サポートに事情を説明すると、整備品だから取り替えはできないという旨を伝えられ、返品をするか修理をするか聞かれました。僕は、いちいちまた買い直すのは無性にめんどくさかったので、本当に直るのかという心配はありながらも、修理をお願いしました。

そこから受けた説明は、明日クロネコが製品を受け取りに来るということ、本体は包装せずにそのまま渡していいということ、だいたい4〜5日で手元に戻ってくるだろうということです。

その通り実際に電話をした次の日の朝、クロネコのお兄さんがやってきて、アダムのように裸なMacをそのまま渡しました。そして!! その4日後には、すでに私の手元に修理されたMacが戻っていました。もちろん、それからは正常に動作しています!

月曜日に故障したものが、同じ週の金曜日にはすでに修理されて手元に戻って来るというこの速さ。正直驚きました!

まとめ

ということで、僕のMac購入から修理までの経緯を説明してきたわけですが、今回の一連の出来事を通してAppleへの好感度はめちゃくちゃ上がりましたね。というか、そのサービスの質の高さに正直驚いています。

しかも、買った製品がすぐ不具合を起こしたにもかかわらず、この満足ですからね。いくらなんでも良すぎでしょ! 下手したら、故障への対応が良すぎたことで、より満足度が上がってしまったのかもしれません。なんたる矛盾!!

最後に言いたいのは、Appleを買うなら絶対に正規ストアで買うのがオススメだということです。本当にそれだけの価値があります。いつかAppleを購入しようと考えている人は、ぜひ覚えておいてください!

P.S. 今日ゴミ捨てのためにオフィスを出た時に、4〜5歳くらいの男の子が、母親に連れられてオフィスの前を通りました。その子は社長の車を見て、ひたすら「かっこい〜」と言うので、そのことを社長に伝えると、素直に嬉しそうにしていました(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする