シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

“Fair Adblock”| 広告ブロックとチャリティーを兼ね備えたChrome拡張機能

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。寒さに凍えています。サンティです。

いきなり質問ですが、皆さんはどのWebブラウザを使っていますか?

「え? みんな Google Chrome を使っているだって!?」

強引に答えを出しましたが、そうです、今日は世の Chromeユーザーに超オススメしたい拡張機能を紹介します。個人的には、ここ最近で1番興奮した発見かもしれません。

その前に、拡張機能とは何ぞや? という方がいましたら、こちらのブログを読んでください。

ちなみに、インストールと設定の仕方はページの最後で紹介しています。

サンティのオススメ拡張機能:Fair Adblock

スクリーンショット 2016-01-26 16.40.44

今回僕が、出逢えたことを神に感謝するとともに、皆さんに紹介したい拡張機能の名前は “Fair Adblock”(以下FA) 。一言で言えば、広告をブロックするための拡張機能です。

「な〜んだ、たかが広告ブロックか。そんなんで興奮してんの?」

と思っている皆さんの冷ややかな目線を、たった今スクリーンの向こう側で感じています。昔から感じやすいタイプなんで…

確かに広告ブロック系の拡張機能は、ずっと前から当たり前のように使われていて、Chromeユーザーならすでに使ってるよという人も多いかと思います。

ただ、このFAをそこいらのものと一緒にしては行けません! これは今までとは違った、まったく新しい形の広告ブロック拡張機です!!

Fair Adblockの特徴

少し前置きが長くなってしまいましたが、この拡張機能をオススメする理由はこれです!!

FAは単なる広告ブロックではなく、プライバシーをしっかりと守ってくれて、広告をブロックする度合いをユーザに決定させてくれて、おまけに広告が表示されるたびに、その広告費の一部を自分が選んだ非営利団体に寄付してくれるという、とにかくいい事てんこ盛りな拡張機能なんです。

てんこ盛り過ぎてよく分からなかったという方のためにもう一度書きます。

プライバシーをしっかり守ってくれて(=個人データを収集しない、第三者のデータ収集をブロック)、広告をブロックする度合いをユーザに決定させてくれて(=問答無用に全ての広告をブロックする訳ではない)、広告が表示されるたびに、その広告費の一部を自分が選んだ非営利団体に寄付してくれる(=広告主が広告に使う費用の一部を自分が選んだチャリティーに自動的に寄付してくれる)、それがFAです。

それでは、それぞれの特徴について簡単に説明していきたいと思います。ちなみに、ここで紹介する情報は、FAの製作元である Standsのホームページから引っ張ってきたものです。英語ページしかありませんが、興味のある方はチェックしてみてください。

特徴1:プライバシーを徹底的に重視

この特徴は簡単な説明で済ませたいのですが、それでもインターネットの世界ではとても大事な要素です。ホームページには、FAが個人のプライバシー保護を重要視するということが強調されています。

具体的には、個人的のデータは一切トラッキングしないこと、また訪問ページ先の第3者によるトラッキングもブロックすることが明記されています。

特徴2:何でもかんでもブロックしない

広告ブロック系の拡張機能は基本的に、自分がいちいち「このページの広告はブロックしないでください」と指定しない限りは、問答無用に全ての広告をブロックしてしまいます。

しかし、FAのアプローチは少し違います。私たちユーザー側に、どれだけ広告を表示してもいいかを決めさせてくれます。具体的には下の画像のような感じで、1ページのうちに広告表示数を0〜6まで選ばせてくれるわけです。

スクリーンショット 2016-01-26 14.49.15

詳しくは後で説明しますが、これはとても重要な機能だと思います。広告をとにかく全てブロックしたいと思う人は、そう設定すればいいですし、ちょっとならOKという人がいれば、自分の好みに応じて広告露出の度合いを選ばいいわけです。

もちろん、他の広告ブロック系拡張機能と同じように、ホイワトリストやブラックリスト、その他詳細な設定も可能です。

特徴3:露出された広告の費用を一部自動的に寄付してくれる

さて、この機能が一番紹介したかったところで、ものすごい画期的だと思うところなんですが、FAは、自分のスクリーンに広告が表示されると、その広告の費用の一部(かなり微額ではありますが)を自分が選んだチャリティーに寄付してくれるんです!

要は、広告主がその広告を表示させるためにかけた費用の一部が、チャリティーに寄付されるということです。しかも、自分がどれだけの寄付を行ったかの記録が、リアルタイムで表示されます!

ここで、「ん? そんなことできるの?」っとみなさんは思ったかもしれません。僕は、初めてこれを見たときそう思いました。だって、FAが勝手にページのオーナーと広告主の間に入り込んで、お金をもらうことができるなんておかしいですよね?

ということで仕組みについて調べてみたところ、FAは広告を表示することと引き換えに、広告主から一旦費用を受け取り、それをページのオーナーが受け取る分と自社が受け取る分に分け、さらに自社利益の半分をチャリティーに寄付するという仕組みだそうです。

つまり、広告をブロックしない代わりに(ユーザーがブロックしたい場合はできる)、広告費の一部を受け取るというシステムです。他の広告ブロックであったら完全にシャットアウトされるということを考えれば、これは広告主にとっても悪くないシステムですよね〜。

ところで、チャリティーの寄付先は自分で選べると前にも言いましたが。残念ながら、完全に自由に選べるというわけではありません。あらかじめFAが協定を結んでいる非営利団体がいて、そのリストの中から選べるという形になります。とは言っても、いろいろな分野の活動団体から選べるので、きっと寄付したい団体が見つかるはずです! また団体数もこれから増やしていくそうです。

ここで全ての団体を紹介すると長くなってしまうので、下にいくつかの団体へのリンクを貼っておきます。日本語ページがあるところは日本語ページを載せておきます。

人道系

セーブ・ザ・チルドレン

Charity: Water

ALS協会

環境系

​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​コンサベーション・インターナショナル

動物愛護団体系

ASPCA| アメリカ動物虐待防止協会

The Vegan Society

この他にも色々な種類の団体がありますので、拡張機能をインストールすると全てを見ることができます。全部英語ですが…

なぜ、Fair Aadblockをオススメするのか?

さて、ここまでこの拡張機能について長々と紹介してきましたが、最後になぜ僕がFAに感銘を受け、そのミッションに共感したのかを紹介したいと思います。

1.無料で公平なインターネットを目指す姿勢

すでに述べた通り、広告をブロックする拡張機能は他にもたくさんあります。しかし、それら多くの問題は、なんでもブロックしてしまうことです。しかし、インターネットの世界を少しでも知っている人なら分かることだと思いますが、ネットにおける圧倒的に重要な収入源は何と言っても広告です。

世界的なプラットフォームやニュースサイトから、副業でブロガーをやっているサラリーマンまで、彼らはインターネット広告がなければ収入を失うことになります。これは裏を返せば、ユーザーである私たちがタダでいろいろなサービスを使ったり記事を読んだりできるのは、広告のおかげだということでもあります。

広告が邪魔だから全てブロックしてしまうというユーザーの心理は、ある意味本末転倒なところがあるわけです。

この問題に対して、FAはとてもバランスの良い解決策を提示していると思います。悪質なポップアップやバナーは除去しながらも、ユーザーが許可した範囲で良質な広告を表示するという方法は、ユーザーにとっても、ネット広告収入で生計を立てている人々にとっても、効果的な解決策です。

2.ネットサーフィングを寄付活動に変えてしまうクリエイティブさ

これはもう天才的だと思います。既に紹介した通り、私たちユーザーはただいつものようにネットサーフィングしているだけで、どんどん寄付額がたまっていくわけです。それをしっかりとリアルタイムで確認できるので、1ミリも根拠のない達成感みたいなものも湧いてきます(笑)

実はこれ自分に満足感を与えてくれるだけではなくて、ネット広告に対する見方も180度変わります。広告が自分のスクリーンに表示される度に、寄付がした感覚ができるわけですからね。そうすると、広告自体に対するネガティブなイメージもポジティブなものに変わっていきますよね!

インストール・設定の仕方

最後に、インストールと設定方法を紹介します。

1.Chrome ウェブストアで “Fair Adblock” と検索

2.Chromeに追加をクリック

3.設定画面に移るので、ここで広告ブロックの設定を行います。基本そのままでいいと思いますが、下の0〜6の広告表示数の部分、僕は堂々と6にしました(笑)設定が終わったら下の赤いボタンをクリックします。

スクリーンショット 2016-01-26 16.25.21

4.次はこんな画面に移ります。まだ寄付を送る団体を選んでいないので、真ん中の “Choose a cause to suppor” をクリック。そこから好きな団体を一つ選んでください。

スクリーンショット 2016-01-26 16.29.16

5.これで設定は終了です! 画面右上に、FAのロゴが表示されているはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする