シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#042 大野圭司 突撃インタビュー:「中3の時から僕の夢は、「島おこし」だったんですよ」株式会社ジブンノオト 代表取締役 (Part1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。今日のPodcastは、編集しているだけでエネルギッシュになってしまいました! サンティです。

ハンフリーのやりたい放題Podcast、42回目の配信です。今日から3回にわたって、今年最初の突撃インタビューをお届けしていきます。今回のゲストには、ジャパニーズ・ハワイこと周防大島からわざわざお越しいただきました、株式会社ジブンノオト代表取締役の大野圭司さんです!! お忙しい所、遠方からお越しいただきありがとうございました!

20160113120518手に持っているのは、中学生の頃の日記。収録中にも一部を読んでいただきました!

大野さんについて簡単に紹介しますと、周防大島在住の社会起業化で、学生へのキャリア教育を主軸に大島の「島おこし」を目指すプロジェクトを展開しています。

この大野さん…

とにかくアツい!!

繰り返します。

とにかくアツい!!

第一声を聴いていただくだけで、そこの部分は十分伝わるのではないかと思います(笑)

さて、第1回目の今回は…

大野さんが「島おこし」に興味に抱くに至った原体験を探るため、生い立ちについて詳しく聞いてみました。

生い立ちをものすごく簡略化すると、

周防大島で生まれる。

高校から広島へ引っ越し、一人暮らし生活が始まる。

大阪芸術大学で建築デザインを学ぶ。

その後、建築コンサル会社に入社するも1ヶ月で退社。

東京に引っ越し、Web系ベンチャー企業に加わる。

独立し、フリーランスのWebデザイナーとして活動。

周防大島へ帰郷

っといった感じで、若い頃から色々な世界を経験されています。高校に行くために大島を出てから帰ってくるまでの、たった10年の間の出来事です。

一見すると、建築から始まるもWeb業界に移るなど、お互い関係のない経験をしているようにも見えますが、深いところでは同じ想いに、大島を出た時からずっと引っ張られていたと言います。

それは中学3年の時からの夢、

「周防大島の島おこしをしたい」という想いでした。

こんな簡略な紹介には収まりきらないアツい部分は、ぜひPodcastで!

オロナミンC一杯分ぐらいのエネルギーはもらえます!!

P.S. 大野さんはブログもやられていますので、興味のあるかたはこちらからどうぞ!

Podcast再生

iTunesから再生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする