シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

選択と集中か、それとも多角化か? どっちが正しいんですかね?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今週は、広島→兵庫→島根→広島→島根→広島→大阪→広島です!笑 楠です。

IMG_2582

ようやく気温もグンと下がり、冬らしくなってきましたね。

今日は、経営者なら結構いつも考えているであろうテーマ、「多角化していくか?」それとも「選択と集中で事業をできる限りスリムにして強い基盤を作るか?」を結構真剣に考えてみようと思います。

冷静にこのテーマを考える機会はあんまりないからね笑

昔からよく言われるのが、「せっかく元々の事業がうまくいっているのに他の事業に手を出して失敗する」ってやつですね。

うーん、確かにね。

「あーだ、こーだ考えてないで、本業に集中しなさい」って怒られる系のやつです。

高校生のホンブンは学業だから、バイトは禁止と一緒です。

でも、はたして本当にそうなんですかね?

バイトでのお金の稼ぎ方と大人との対人関係など学校では絶対に学べないことを僕はバイトで勉強しましたけどね。

そのバイトの話と一緒で、一つの事業だけをずっとやり続けるのは今の時代とはちょっとマッチしなくなってきているような気もします。

最近、それを強く感じ始めたのは時代の流れが本当に早くなってきてると感じることが原因なんです。

特に、AIやロボットなどの先進技術です。

食品サンプル製造業の職人技や金型試作の技術者が3Dプリンタに職を奪われ、熟練のタクシードライバーが自動運転の車に、タイヤショップなんて車が空に浮いた瞬間にこの世からなくなるし、遠い未来だと思っていたことが凄い速さで現実になっているんです。

この時代の中で、それでも一つのことに集中するっていうのはなんだか危険な気がしません?

ということで、今時点、僕の考えていることは、

選択と集中を多角化するということです。

もう一度言います。

選択と集中を多角化する!

特に資本的に有利でない中小企業は、大資本の大手のような広い範囲に広い売るやり方が向いていません。

竹田陽一さんのランチェスター経営的な、選択と集中でできる限り、尖っていった方がうまくいくと僕は思っています。

なので、「選択と集中と多角化」の選択を迷うんじゃなく、選択と集中を実践した尖った事業を多角化していくのが、これからの中小企業に一番マッチするんじゃないかって思うんです。

これはあくまで、僕の持論ですが、皆さんはどう考えているんですかね?

今後はこの辺もリサーチしていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする