シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボクらは、勝手に自分たちの限界を決めていた…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。Podcastはフレッシュ搾りたての状態でお聴きいただけましたか? サンティです。

今日、楠とサンティは痛感しました!!

ボクらは、勝手に自分たちの限界を定めてしまっていたと。

まあ聞いてください…

今日は、ミーティングのためにハンフリーの人事スペシャリスト、マコさんこと吉田真さんが来ました。そして午前中、数時間にわたって僕らは熱烈なミーティングを繰り広げました。

IMG_2061今日のヒーローのマコさん

そうすると、やっぱり人間ってお腹が減ってくるわけですよ。ミーティング中ずっと、魂から吠えているわけですから。

コトはこの時起こりました。

楠: 「どこ行く?」

サ: 「どこ行きますか?」

楠: 「わからんわ」

サ: 「僕も思いつかないですね〜」

楠: 「・・・・・・」

サ: 「・・・・・・」

楠: 「どこ行く?」

サ: 「どこ行きますか?」

最近お昼の時間になると、僕たちは決まってこんな会話の無限ループです。舟入の徒歩圏内の飲食店は一通り回ってしまい、どれも美味しいところばかりなのだけど、常に新しいことを求めているハンフリー精神に燃える二人は、どこか物足りない気持ちがうずいていた。

そこで僕は、マコさんにバトンを渡すことに…

サ: 「マコさんはどこか行きたいところありますか?」

しばらく考えたのちにマコさんは言いました…

吉: 「あれ行こうよ。鷹野橋のガネーシュ。」

サ: 「どこですか、それ?」

吉: 「ほら、大手町のあたりに商店街あるじゃん」

楠: 「ちょっと遠いな。車で行くってこと?」

吉: 「いや、歩いていけるでしょ」

サ: 「え、大手町ってそんなに近かったでしたっけ?」

このタイミングで、楠とサンティの頭の中を少し説明しましょう。

僕らの生息域はこんな感じです↓

IMG_20621

基本的にランチはこの中で済ませるというのが、暗黙の了解です。理由は、それを超えると遠すぎるから。

で、鷹野橋はこの辺。

IMG_20622

僕たちにとっては、完全に未知の領域なわけです。っていうか遠すぎるんじゃねって、二人とも頭の中では思っていたはずです。

それで、本当に歩いていけるのかどうか半信半疑に思いながら、僕はGoogleマップで調べてみました。

IMG_2063

IMG_2065

ち、ちかすぎる…

そう、実はこんなに近くに全く未開の地があったんです。今まで見たこともない場所、数々の魅力的な飲食店が、徒歩10分圏内に。

それだのに楠とサンティは、勝手に徒歩圏内は大体制覇しただとか、舟入周りの美味しいお店はほぼ知っているだとか、今度からは知っているお店をローテーションしていくしかないだとか、見当違いもはなはだしいことを考えていたわけです。

結局ボクらは、勝手に自分たちの限界を決めていた

そうです。言い訳はしません。僕らは、自分たちの手で自分たちの生息域を狭めていたんです。本当は、すぐそこに素晴らしい未知の領域があるのに、僕らに行けるのはここまでだと。

たかがランチの話だろ! と思っている方もいるかもしれません。でも、ランチのスポット探しという些細なプロジェクトに勝手な限界を設けてしまう人間が、壮大なプロジェクトをやりきることなんてできましょうか!!??

僕は、耳にピアスを開ける程度に、地味に痛いお仕置きを自分自身にしてやりたくなりました。

今日の「気づき」の一つはこれです。で、もう一つ気付いたことがあります。

自己破滅的な限界設定から解放してくれたのは、客観的な視点だった

僕たちの思考は、自分たちで勝手に定めた限界にとらわれていました。当然、今まではそれを飛び出て考えるアイデアすらありませんでした。

そんな鎖に繋がれた僕たちを解放してくれたのは、普段はオフィスにいない、客観的な視点を持ったマコさんです。

僕らには当たり前のように見えていなかったことが、マコさんには当たり前のように見えていたわけです。

未だに、たかがランチの話だろ! と思っている方がいるかもしれません。でも、ランチのスポット探しという些細なプロジェクトを客観視できない人間が、壮大なプロジェクトを冷静にやりきることなんてできましょうか!!??

僕は、スチームサウナに限界まで居座った後、そのまま水風呂に目もくれずドライサウナに直行する程度に、地味にキツイお仕置きを自分自身にしたくなりました。



以上、今日僕が話したかったのは、ものすごく深いのか、それともしょうもないのかがよく分からない、そんなアツアツトークでした。

最後に、未知への冒険の様子を写真で紹介しましょう。

IMG_2060

冒険へと出かける二人。1月初旬にして、すでに今年一番の逆光ショットをレンズに収めた感があります。

IMG_2059

歩く二人。

IMG_2058コンセプトのはっきりとしたカラオケ。

IMG_2055楠とサンティにとっての境界線だった住吉橋 ーその向こうには未知の領域が…ー を歩く二人。

IMG_2053ミニストップではないコンビニ。

IMG_2059とにかく歩き続ける二人…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする