シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから一年間、毎晩寝る前に「今年の抱負」をノートに書きます宣言。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ど~も! 元旦から数日がたち、立ち振る舞いもようやく2016年っぽくなってきました。サンティです。

だれもが今年の目標を定め、今年こそはという大志を抱いて歩み始める時期がやってきましたね。ここからは、だれが最初に諦めるかというチキンレースが始まります。

595428651_45febde0f8_bImage by Kate Brady

告白すると、僕は「今年の抱負」というものを全うしたことが一度もありません。正確に言うと、一年はおろか、一週間も続いたことはないんじゃないでしょうか?

小学生の頃のことをよく思い出します。年が明けて最初の登校日に、今年の抱負を書かされるんですよ。プリントを渡されて。半ば強制的に。

そのプリントは、「生活面」と「学習面」の2欄に分かれていて、それぞれ考えなきゃいけないんです。

いちいち考えるのがめんどくさい僕は、だいたいいつも同じ事を書いていました。

学習面:一日30分以上は家庭学習をする。

生活面:毎日必ずクラスの皆にあいさつをする。

そんなことを書きながら心の中では、

ウソつけ!!

と自信ありげに自分を罵倒していました。

ま~、学校の先生にやらされている感覚を僕は持っていたので、正直どうでもよかったんです「今年の抱負」なんて。だから思ってもいないことをそれっぽく書いて、とりあえずパパッと終わらせたかったんです。

そんな僕なので、今年は少し違ったやり方を試してみたいと思います。

その話に入る前に、僕の今年の目標はこれです!

言葉数を減らし、行動を増やす

かなりざっくりとした目標ですが、それにも意味があります。

さて、普通だったらこの目標を大きな紙に書いてどこかに貼ったり、そこまで行かなくても心の奥深くで固く決意したりする訳ですが、今までの経験から言えば、僕にはそんなの通用しません。

なんたって僕は固い決意を破ることにいたっては、天才ですから。自分を甘やかすプロですから。

そんな生半可な決意の儀式なんか、全く通用しません。次の日には平気な顔して忘れますから。

なんで今年は考え方を変えます。

要は、一年に一回だけ「今年の抱負」の決意を行うからダメだと思うんですよ! 冷静に考えれば、例えば3月23日のサンティにとって、1月1日のサンティが考えたことってどうでもいいんですよ。10月31日のサンティにとってはなおさらですよ。ハロウィンのことで頭いっぱいだし。

今年の抱負を1月1日に一度だけ決意して終わらせるのは、未来の自分に対する無責任だと思います。目の前の状況が変わっても、優先順位が変わっても、今の俺がした決意を守れって言ってるようなもんですから。

ということで今回は、「今年の抱負」の決意を一年間に渡って毎日刷新したいと思います。具体的には、題名にもある通り、毎晩寝る前に「言葉数を減らし、行動を増やす」と携帯ノートに書き下ろして行きたいと思います。

こうすることで、具体的なやり方で「今年の抱負」を毎日決意し直すことができます。この方法なら、さすがの決意を破るプロの僕も、抱負を無視できなくなるんじゃないでしょうか!?

ところで、この方法には二つのメリットがあると思います。

20160105041531

1.毎日書く行為を通して、固い決意をキープすることができる

すでに言ったことの繰り返しになりますが、抱負を毎日書くことを通して、決意が薄れることなく固く保たれます。

書くということ自体が一つの行為です。抱負を書くという行為を通して...

私はこれを重要視していますよ。
私はこの抱負を実現しますよ。

と行動で示しているようなものだと、僕は考えます。

当然、1年に1回だけ決意したことより、365回決意したことの方が心にも残りますし、実現する気持ちにもなります!

2.状況に合わせて、「今年の抱負」を再解釈できる

これがもう一つ重要なメリットです。

周りの環境は絶えず変化するので、1月1日に考えたことが、必ずしも残りの1年間もずっと重要だとは限りません。

自分の中で優先順位が変わることもあるかもしれません。少なくとも、僕はよく変わります...

でも、毎日抱負を書き下ろすという行為は、先ほども言った通り、日々決意を刷新することでもあります。

状況が変われば当然、それに合わせて「今年の抱負」を解釈し直す必要が出てくるでしょう。

こうすることで、目の前の状況と自分の決意が衝突することを避けることができます。

ただこれには条件があって、抱負の内容がある程度抽象的である必要があります。

例えば「タバコを止める」が抱負だとしたら、どんなにがんばっても解釈を変えることは無理です。さすがの安倍首相にも再解釈できないぐらい、意味がはっきりしています。

でも、例えば僕の今年の抱負はいくらでも再解釈可能です。要は行動を起こせということを意味しているだけで、その行動が「何」かは、状況に合わせて決めればいいわけです。

実際僕は、毎晩抱負を書き下ろすたびに、今具体的に何に関して行動を起こすべきかということを自問したいと思います。




ということで、今日のブログ投稿をもって、「今年の抱負」を毎晩寝る前に書きます宣言としたいと思います。

まずは、携帯ノートを買うところから始めます。

まだ買ってないので(笑)

P.S. ところで、エルヴィス・プレスリーの “A little less conversation” という曲があります。歌詞のごく一部以外は今日の話と関係ないですが、結構いい曲ですよ(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする