シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どん底を経験した人の強み。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

12月は人生で一番お酒を飲んだ月になりました。楠です。

年の瀬のせまった週末の土曜日、みなさんはいかがお過ごしでしょうかね?

僕は今から、1日遅れのクリスマスパーチーです!

さて、話は変わるけど18日から始まった、Podcastの突撃インタビュー、4回にわたってモルツウェルの野津さんに参加してもらってるんですが、みんさん聞いてみました〜?

まだの人はこちらから是非どーぞ!

#036 突撃インタビュー:「ルールを優先するんじゃなくて、お客さんの声を優先して突っ走ってきた」モルツウェル株式会社 代表取締役社長 野津積 (Part 1)

#037 突撃インタビュー:「生き残るには、変化し続けるしかない」 モルツウェル株式会社 代表取締役社長 野津積 (Part 2)

今回の野津さんへの突撃インタビューで僕が一番強く感じたこと、そしてビックリしたこと、

それは、野津さんにも大変な、それこそどん底と言える時期があったことなんです。

10614345_733356033413488_5335667428077997209_n

↑ちなみ野津さん、島根大学 学長室付市民補佐とか農林水産省 諮問委員だったりします。

このブログを見てくれている皆さんは直接、野津さんのことを知らないと思うで、僕から補足すると、野津さんはなんというか、とっても大らかな人で、大変な時期の話は今回初めて聞いたんで、とってもビックリしたんですよ。

まあ、冷静に考えたら当たり前なんですけどね。

20年も商売続けてて、いい時ばかりじゃないことは、冷静に考えたら当然ですよね。

で、今回改めて考えさせられたことは、

やっぱり、どん底や大きな失敗を経験してきた人は強い。

ってことですかね。

よく、失敗は成功の母とかよく言いますけど、これ本当だと思うんです。

商売は人生と同じで、今がどんだけ良くても、1年後に今の状態が続いているという保証はどこにもないんですよね。

人間って冷静に考えたら、わかることなのに自分だけは違うって勘違いしてしまう生き物なんですよ。

でも、失敗や挫折を乗り越えてきた経営者は、今が続かないことをわかっているんです。

ここが、失敗や挫折を経験した経営者と、順風満帆にやってきた経営者の絶対的な違いだと思うんですよ。

実は僕にも結構大変な時期はあったわけで、もしかしたら今もその時期の途中だったりして(笑)

もちろん、野津さんや先輩経営者のみなさんに比べると屁みたいなもんですけどね(笑)

それでも失敗を積み重ねてくると、「あっ、このままいくとまずいな」とか「今はいいけど長くは続かないな」とか、なんとなくわかってくるもんです。

僕の尊敬する経営者の方の口癖に、

『ピンチはチャンス』

ってのが、あるんですが、これは文字通りピンチこそが次の成功の鍵っていうのを、失敗を経験してきた人たちは知ってるんです。

さらにこの先輩経営者の方は、自分にとってとてつもな試練が訪れた時に、

「はいはい、キタキター」

って言うんです。

絶体絶命のとてつもない試練が訪れた時にですよ!

ここらへんが、経験とか器の差だと思うんです。

普通の人は大概、試練が訪れたら、「やばい」とか「もう終わりだ」とかって思っちゃいますもんね。

僕も最近は、何か大きな問題があっても、「はいはい、キタキター!乗り越えれたらめっちゃ成長できるやつね!」って口に出すようになりました。

これだけでほぼ、試練を乗り越えれたようなもんです(笑)

みんさんも試してはどうでしょうか?

PS,先日の、野津さんの収録の後に一緒に飲みに行ったんですが、ここではPodcastには収録できない過激な話をいっぱい聞いたんですよ。経験値の高い人とお酒飲むのって、すごい刺激をもらえますね〜

IMG_31231

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする