シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#035 23歳で起業した私が、今の20代スタートアップに伝えたい3つのこと(実践編)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。いつまで経っても、寒波とは友達になれる気がしません。サンティです。

ハンフリーのやりたい放題Podcast、35回目の配信です。前回に続いて、「20代スタートアップに伝えたいこと」の後編をお届けします。

前回のエピソードは理念編ということで、どちらかというと抽象的なことを話しました。今回は打って変わって、実践編という題の通り「具体的」なことをお伝えしたいとお思います。

起業するには、どれだけ下準備をしておくべきか? という永遠のテーマがあります。何も準備をしないで始めるのはあまりにも無謀。でも、完璧に準備しょうとしたらいつまでたっても起業できない。

どっちに傾きすぎてもマズイわけです。

今日のエピソードは、起業をしたいという気持ちがあれば、自身を持ってそうするべきだという前提で、それでもこれだけは最低限おさえておいてほしい3つのポイントについて話します。

Start-up-rap2Background image from max max

1.管理会計

管理会計は、経営者におろそかにされがちなスキルです。その裏にあるのは、「結局売れさえすれば会計の知識なんていらんでしょ」という考えです。

Mr.楠からすれば、これは × です!!

2.設備投資

起業に覚悟があればあるほど、つい始めから大きな設備投資をしてしまいがちです。

Mr.楠からすれば、これも × です!!

3.あきらめないこと

なんだかんだ言って、スタートアップにとって最も大事なことは、あきらめない気持ちです。しかし、ビジネスにおいては「引き際」を定めるというのも非常に大切なことですよね。

重要なのは、絶対にあきらめない事柄と、引き際をあらかじめ決めておくべき事柄とを分けて考えることです。

Mr.楠からすれば、これは △ です!!

ではでは…

詳しくはPodcastをお聴きあれシルブプレ!

P.S. 繰り返します。決してラッパーは目指していません。

Podcast再生

iTunesから再生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする