• このエントリーをはてなブックマークに追加

#033 今が「バブルかもしれない」ことは分かりました。で、どうしろっつーの?(倉永直道ゲスト参戦 Part 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。今日は風が強いですね。個人的に、『風立ちぬ』のアニメーションはすごいと思いますが、ストーリーには今ひとつ入り込めませんでした。それじゃあ、『風の谷のナウシカ』のかもし出すジブリ草創期感が好きかといえば、あれはあれでいいですが、お気に入りというわけではありません。『風と共に去りぬ』に至っては、ちょっとアンティークすぎて観る気が沸き起こりません… そろそろ、「風」の引き出しがなくなってきました。サンティです。

今日は、ハンフリーのやりたい放題Podcast、33回目の配信です。前回に引き続き、倉永直道がゲスト参戦、経済についてのディープで示唆に富んだトークを続けていきます。

20151211112423

前回のPodcastでは、「日本」の経済状況に絞って話を進めていきました。今回は少し視野を広げて、アメリカを中心とする「世界」の経済状況について話します。

というのも…

今は日本だけでなく、世界がバブルなのだと

倉さんは言います。

前半戦は、その理由をアメリカの経済状況を踏まえながら解説していきます。中でも特に、リーマンショック時と現在の経済状況の類似には驚かされます。

皆さんは、リーマンショック直前のアメリカの経済状況がどのようなものだったか知っていますか?
答えはこのPodcastにあります!

さて、「バブルが崩壊するぞー」、「危ないぞー」と一方的に主張しただけで、この2回にわたる話が終わってしまえば、ただただ迷惑なだけです。そんなことは、もちろんしたくありません。

エピソード後半では、このような時代をどのようなマインドで切り抜けていけばいいのか、ということをテーマに話します。

バブルの危険があるからといって、別に商売がやめるわけでもありません。何らかのスタイルで、経営は続けていかなければいけません。

それでは、バブルの危険性を意識した上で、どのような経営をしていくべきなのか?

ポイントは何に投資するかにあります。

もちろん「投資」といっても、「金の価値は安定しているから金を買え」とか、そういう浅い意味での「投資」ではありません。

To be continued in the Podcast…

P.S. ↑で使用している、ちょっぴりかっこいい写真ですが。今日のブログ用に写真を送ってください、と倉さんに頼んだら届いたものです(笑)

Podcast再生

iTunesから再生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加