シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グローバルマーケティングの真髄を見てきました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0


どうも!スリランカでは食事が合わないと前情報で聞いてSOYJOY 20個とインスタント麺4個を持ち込んだ宮です。

結果、食べれない物はほとんどなく大量のSOYJOYは食間のおやつになってしまいました。

今回のスリランカ出張は実は僕にとって初めての海外出張でした(旅行は除く)

実はアジア市場にはかなり興味を持っていたので終始充実した気分でした。

なぜ興味を持っていたかというと、今年の初めに楠と一緒に神田昌典氏主催のマーケティング白熱会議2015に参加したときスピーカーを務められていた、スパイダーイニシアティブ株式会社の森辺社長のグローバルマーケティングの話を聞き、そこからアジア市場を勉強しはじめ、この度やっと現場を視察できたという流れです。

生で感じるスリランカ(アジア)はとても興味深いものでした。

スリランカのコロンボ以外の街はほとんどが伝統小売のお店です。いわゆるパパママショップというやつです。

昔の日本も多かったですよね。八百屋さんとか商店街とか。

IMG_6310

田舎に行けば行くほどトゥクトゥクが走っています。

IMG_6378

実は楠、倉永、宮、3人でトゥクトゥクに乗りました(笑)

IMG_64441-1024x768

いやいや、ディズニーランドのように喜んでますけど!?

話が飛びましたが前々回のハンフリーのポッドキャスト海外ロケでも言っているように、大手企業はスリランカの奥地でもかなーり入り込んでいました。マーケティングかなりやってます!

特にコカコーラとネスレは本当にすごい。

写真のように横長の建物がズラーっと続き一階部分が商店になっているんですが100mおきくらいにコカコーラのメイン看板がついてて入り口のところにはミロの縦看板がありました。

これにはマジでビビった!

多分スリランカの奥地にこんだけ売られてるということは他の国に行っても同じ光景なんだろうなーと、

これが本物の「チャネルづくり」ですね!

チャネルを作って更に卸業者や小売店を育てています。

中小企業はどんどんやっていかないといけないことです。

スリランカをはじめ多くの国がまだスーパーマーケットやショッピングモールがほとんどない状況です。なので伝統小売が多い。まだサラリーマンが少ないので皆それぞれ商いをして生活するのだと考えます。

これから10年、大型モールは増えるだろうが伝統小売はなくならないみたいです。

なので!伝統小売をいかに抑えるかが勝負のカギですね。

今回スリランカの街を見てこれをやったら売れそう!とかこんなサービスがまだないなーとか

こんなマーケティングは受けるかな?とか色んな構想が思い浮かびました!

自動車関連、飲食、ディスカウントショップなど何をやっても面白そうですねー。

これからが楽しみ!!!

PS:今度はミャンマー行きの話がチラついているので話が決まり次第ご報告しまーす!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする