シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「たくべい、それゆけ日記!」〜迷子の巻〜

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

こんにちはー!たくべえでーす。
2回目のブログとなりました。おそらく僕が読者の方に伝えられることは少ないと思うんですが…

今後は「たくべえ、それゆけ日記」と題して、僕の少ない留学経験の中で、いいことも悪いことも連載していけたらと思います。

留学と言うと、聞こえはいいのですが、人に言えるようなかっこいい経験なんてあまりなく、オーストラリア(以下AU)に渡った当初はまともに家に帰ることさえできませんでした。

そう、ぼくも方向音痴なんです。え?あなたも? ありがとうございま~す! ベリーウェルカムでーす!

実は広島行く時、いつもサンティが助手席でナビしてくれるんで、大変助かってます。方向音痴の僕は、西も東もわからない期間が人より長かったですね。

ホームステイ先がブリスベンシティから40分くらいのところだったのですが、当初はバスで40分、バス停から1時間歩いてましたね。夜な夜な山の中をさまよう留学生でした。事件に巻き込まれずに良かったです。

5430543411_c11bac091c_bBackground image by renee_mcgurk

朝はホストファミリーもいるので、家からバス停まで2分かからないんですが。まあ、慣れるまで時間がかかったものです。帰宅する時、シティから町を抜けると、森の中。何分経っても全部同じ景色に見えるんですよね。怖いですね~。バス降りる前から、もうドキドキが止まらない。

「おれは一体どこで降りればいいんだー!」って。

いやー、言語もままならない中、毎日迷子になるって、本当ストレスですよ。そもそもAUのバスのシステム、料金システムが分からない。聴いても、何言ってるか分からない。そもそも聴けてないのかな。

もうなんの情報も取れないんですから。(言い訳ですが、中学高校は寮生活なのでバスに乗る習慣がなく、実は日本のバスすら怪しかったです。) 電車なんて、1時間に2本くらいのところで間違えると、「あ~。おれまたアウト~。もういやだ~」っていつも自分に嫌気がさしてましたね。隣の駅まで電車で20分走って、乗り換えにまた1時間待ち。目的地にはもう4時間遅れで到着~orz

もうすでに午前の授業が終わってたりね…

まあ、でも、それに臆することなく、一人で電車やバスを乗り継いで行ったことのないゴルフ場に行こうとして、迷子して、知らない人の車に途中から乗っけてもらったり。現地の方に助けられたことも多かったですね。ブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンでこういう失敗をやってました。思えば、こういう経験があるからか、日本で外国人を見つけると大丈夫かなってみちゃうんですね~。余計なお世話なんでしょうけど。

それで、ある時、やっぱり道に迷って、引き返せばいいものの、引き返す途中で違う道に入っちゃったりするから、余計ドツボにはまっちゃって。「ええい!なるようになれ!(最近聴かないセリフだけどね。)」ってそのあとは、道を変えずにひたすら歩いたんです。若かったから、どうにかたどり着いてやるって頑張ったものです。そして、気づけば前の道も後ろの道も切れ目が見えない!

右も左も地平線まで牧場。見渡す限り自然、自然、自然。そして、おれと牛。

5026665829_066e82aa99_bimage by Tim Green

その時初めて、

「やべー!おれ完全にアウト~! 

ってなって、何かが吹っ切れた経験があります。度重なる迷子によるストレスが余りにもおおきくて、頭の何かが切れたんでしょうね。それ以来、迷子にならないように努力するのではなく、迷子になった時に自分をどう勇気づけていくか、この先どうなるかわからない道なき道をどう捉え、前にすすんでいくかって思考に切り替わったように思います。

なんか変な理由かもしれませんし、それがよかったのか悪かったのかは定かではないですが、一つの大きな転機であったことは間違いないですね。

おそらく、もっときつい経験をされた方も多いとは思いますが、みなさんも、牛に道を聞くほど追いつめられないよう、移動時には十分な調査と、安全には気を付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする