シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#021 梶原恭平 突撃インタビュー:「経営者の個性が活きている企業は、市場でのポジション取りも、勝負どころの見極めも上手い」 株式会社広島経済研究所 執行役員 (Part 2)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも。高校に入るまで声変わりをしなかった男、サンティです。

ハンフリーのやりたい放題Podcast、21回目の配信です。今回は、株式会社広島経済研究所の執行役員であり、広島経済レポートの編集を務める梶原恭平さんとのインタビュー続編をお送りします。

Share 2

前回のエピソードを聞いて、広島経済レポートという老舗雑誌の紙面からは見えてこない、明るくてちょっとお茶目な梶原さんの人となりが伝わってきたのではないでしょうか? 本エピソードの冒頭でも、ちょっとお茶目な梶原さんを垣間見ることができます。

前回のポッドキャスト配信時にチラッと触れましたが、梶原さんはしばらく前に私たちがPodcastで取り上げた「猛毒動物図鑑」に関して、物申したいことがあるそうです。「猛毒動物図鑑? なんの話だ?」という方、詳しくはPodcastの第5話第10話を聴いてください。

梶原さんは、「「猛毒動物図鑑」なんて本の需要がどこにあるんだ!」っと声だかに主張した僕の話を聴いたときに、反論したくてウズウズしたそうです。そして、ついに今回の放送をもって、そこに需要があることを身をもって証明していただきました。クマムシという生物についてアツく語っている梶原さんの姿を見てしまえば、もはや反論の余地などありません(笑)

本題とは関係ないところでかなり盛り上がってしまいましたが、目的を忘れてしまったわけではありません。ご安心ください。今回のエピソードでは、広島経済研究所から年に一度発行されている、「ひろしま業界地図」という広島の産業ガイド本についてお話を聞きました。水曜日のポッドキャスト配信時にアップした梶原さんの写真に写っている本がそれです。

IMG_1326

日本全国の業界地図というのは様々なところから出版されていますが、この「ひろしま業界地図」はその広島版です。業種別にどのような企業がいて、それらの企業の売り上げや繋がりがどうなっているのかを図示化したガイドブックです。梶原さんは、自社と他企業との長い付き合いがあってこそ、そもそもこのような本を出版できるんだと語ります。

ちなみにこの「ひろしま業界地図」、「ビジネスブックマラソン」という、5万人の読者数を擁する書評ブログにおいても紹介されてます → 『ひろしま業界地図2016』広島経済レポート・編 すごいですね〜。

エピソードの後半では、広島の様々な業界の現状について、経営者について、ベンチャー企業について、そして広島経済の今後の展望について、様々な質問を投げかけました。どの質問にも、広島の経済を長年間近で見てきた経験からくる、梶原さんにしかない切り口で答えていただきました。

今日のPodcastは、とにかく勉強になることが多いですよ〜!

ENJOY!!

P.S. 以上、高1の2学期まではウィーン少年合唱団にも負けない高音ボイスの持ち主だった、サンティナビゲータによるレポートでした。

Podcast再生

iTunesから再生

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする