シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iphoneの未来は、ibrain?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

どーも! サンティです。

いきなりですが、TED(テッド)って聞いたことありますか?

TED (“Technology Entertainment Design”の頭文字をとった造語) とは、カナダのバンクーバーを拠点に、定期的に世界的規模の講演会をひらく非営利団体のことです。

“Ideas worth spreading”(広める価値のあるアイデア)をモットーに、学者や実業家、活動家、アスリート、アーティストなど分野を問わず、おもしろいアイデアを持っている講演者があつまります。

TEDは、講演会の動画をホームページやYOUTUBEに公開していて、その内容をだれでも見ることができます。SNSでよくシェアされているのを見かけるので、「知ってる!」という方は多いかもしれません。

僕は、このTEDの動画を見るのがとにかくすきなんです!

斬新なアイデアや、モチベーションを高めるスピーチ、心がほっこり温まる話まで、いろいろなタイプのプレゼンがあるんですが、どれもおもしろいので、定期的に見るようにしています。

それで、つい最近…

また、すごくおもしろいプレゼンを見つけてしまいました!

その名も…

Brain-to-Brain communication has arrived

           ↓

「脳から脳への直接的なコミュニケーションの時代が始まった」

です!

こちらがその動画です。20分弱ありますが、興味のある方はぜひ見てみてください!

そんな長い動画見てられるかー!

という方のために、ものすごく大雑把に説明してみます。

ちなみに、僕にはまったくわからない分野の話なので、何か間違っていたらすみません。

講演者の名前はミゲル・ニコレリス、ブラジル出身の脳神経科学者です。

彼は、共同研究者とともに、脳の電気信号(情報)を解読する機械を開発しました。

この機械は、脳の考えたことをロボットに伝えたり、他の脳に送信することができます。

つまり、脳がだす命令や情報を、わたしたちの体の外に発信することに成功したのです!

すげーーー!

この動画をみて、僕は妄想しはじめました。

「ということは… 考えるだけで、人に何かを伝えられたり、機械やロボットを操作できるようになるってことだよな!?」

「そしたら… 今みたいに、iphoneとかパソコンを手で操作する必要がなくなるな。 というか、頭の中にチップみたいのをいれれば、モノ(端末)じたいがある必要ないじゃん! 人間の脳とコンピュータが一つになる時代だー」

「たとえば、なにか分からないことがあったら、考えるだけでそれをインターネット検索できて、その情報がそのまま脳のチップに保存される。 まるで何かを学んだかのように…」

「そしたら、学校のテストは間違いなくぜんぶ100点とれるな」

っとこのあたりで我にかえりましたが、

この話、すごいと思いませんか!?

ひょっとしたら、僕が50歳になる頃には、脳とコンピュータはひとつになっていて、人間と端末の垣根はきえているのかもしれません。

本当におきそうでこわいですね〜

以上、最近みたすごいTED動画についての話でした。

これからも、おもしろいTED動画をみつけたら、ここで紹介していきたいと思います。

IMG_0929

P.S.  試しに、島根にいる社長にテレパシーを送れるかやってみました。結果は皆様の想像におまかせします…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする